Ne・cou works日記

Ne(音)とcou(光)を旅するモノツクリの日記。 

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「茜、藍、槐の草木染め麻ストール」制作中。

新年(旧暦)ご挨拶のの展示会も終わり、待ち遠しい春を想いながら新作を制作中。

ずっと長くて幅のあるストール素材を探していたのだけど
先日、カナエのお母さんが麻の大判ストールを見つけてくれて
只今、草木で染色中。

長さ180×幅70㎝の大判ストールで、素材は麻100%。

さわり心地はとても柔らかく、薄過ぎず
長さも幅もあり、使いやすくかつ気持ち良い麻のストールです。

FxCam_1361765002563.jpg

茜、藍、槐の三種類の植物でそれぞれ草木染中。

色の入りも良好。

茜と槐は染色×媒染 六巡目。

藍はそのままでも綺麗だけど、茜や槐を染め重ね
紫や緑を出す藍下にするための染色。

染め重ねちゃうのがもったいないけど。

なので藍下染めは、藍染め(何度も染める)と茜や槐等の染め(染色×媒染を七セットくらい重ねる)
の行程を得て出来るので、道のりは長いけど

色が出来たときの感動はとても得難いです。

草木染めに関しては、植物を煮だし染料を抽出する工程(沸騰30分以上を植物により3回から五回以上)もあるので
昔は一日二日で詰め込んでやっていたけど

今は、急がず時間かけてじっくり一つ一つの行程を大切にして作業してます。

これは、草木染めを教えていただいた上野八重子先生の影響だとおもう。

先生の講習回ではじっくりどころか、効率よく理論的にどんどん染色が出来る方法を教わるのだけど
、それは一つ一つの行程を大切にしたうえで、結果が伴う事だということを教えてくださっていると思う。

今は、考えて準備工夫したことが結果に繋がる喜びを噛み締めながら、草木染めの道を楽しんでます。

まだまだ染め重ねるので、道は長いですが

Ne・couno草木染め麻ストール、楽しみにしててね♪

スポンサーサイト

| つくる | 13:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石巻の植物で染める。

ブタクサ、栗のイガ、藍で
毛糸を染色しました。
FxCam_1352453076413.jpg

ブタクサと栗のイガは宮城県の石巻で採集されたもの。

明日開催される石巻での「おらほの復興市」で
指編みアーティストのいづみさんが
石巻の植物で石巻の人達と指編みをしたいということで
ワークショップ用に、石巻から植物を送ってもらい染料を煮だし染色しました。
FxCam_1352261837414.jpg

羊毛、麻、アクリル、綿布とそれぞれ異なるマテリアルは
同じ植物でも色調に幅がでてとても綺麗です。

栗のイガでマロン色

ブタクサでオリーブ色と茶色

藍で青 を染めました。

出来上がった色は、とても深く
そして暖かでした。
FxCam_1352384724315_20121109012230.jpg

この糸で石巻の方達に喜んでもらえれば幸いです。

この機会をくれたいづみさん、植物を採集してくれたみなさん
復興市のみなさんありがとうございました。

石巻の東北の人達の安心した生活を心から願って。


http://orahono-fukkoichi.jp/

| つくる | 12:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブタクサと栗のイガで染める。

FxCam_1352261837414.jpg

お客さんからの染める生地や、洋服の持ち込みはよくあるけど
今回は植物の持ち込み。

花いっぱいのブタクサとイガイガの栗。

何度も何度も煮出して ブタクサと栗から
染料液を抽出。

気付くと工房の中は、ブタクサと栗の匂いでいっぱい。

外まで匂いが届いてる。

いいかほり。


頼んでくれた人の想いを胸に
染色中。

| つくる | 00:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ne・cou 夜のおしごと。

FxCam_1352211669375.jpg


先日の上田、長野への出店&納品でも持っていった「くるみ染め」の4wayハラマキやレッグヲオーマー。

くるみの殻のような茶色や、炭色が染まりました。

染料になったくるみは、2010年の那須のくるみ。

染料で使うのは、殻や実ではなく
くるみが木になってる時に殻の周りを覆う
緑色の果皮といわれる部分を天日でカラカラになるまで乾燥させたもの。

染の本なのでは、「緑色の時ではないとよく染まらない」とありますが
そこは、やってみると緑色の時とは違う色が出て
自分はいい色だと思うので使ってます。

今日のブログの本題は、くるみの果皮でもくるみ染でもなく
くるみの実と殻。

染料をに出すに前にくるみの実と果皮を分ける作業するのですが、工房には果皮を剥かれた沢山のくるみの実の山ができます。

くるみの実を一度煮だしそのままフライパンで煎ると、五分くらいでパカッと殻に割れ目ができます。
今日はあらかじめ煎って割れ目を入れたくるみの殻をひたすら割り

そして、殻から実をほじくる作業を夕飯後二人でしていました。

冬の仕事だなーと感じながら。

FxCam_1352211521557.jpg

集めた実はくるみ油として、工房の作業台やイスなどに塗ってあげて
殻は、くるみボタンにして使ったり
並べて眺めてみたりしようっかな。

そんなne・couの夜のおしごと。

| つくる | 00:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

苔・クルミ・ヤシャブシ・ウォーク・工房



オハヨーゴザマイルス。



写真は、長野の草木染め&最近では
枝ピースコーヒーでお馴染みの「のとゆ」さんちに行った時に

滝で採集した苔

近所の空き地からはみ出ていた植物が、
昨日からの沢山の雨を吸って、ご機嫌な様子だったので
携帯で思わずパシャリ。

ちなみに皿もniceな皿です。


そして、
先日那須の父母からヤシャブシと
果皮つきのクルミが届きました。


111023_0647~02

この二つの植物は、草木染めのとても良い染料になります。

クルミに関しては
ものの本によると
「緑の状態のもので染料を抽出し、染めるべし。」
と、どの本にもだいたい書いてあるのだけれど

黒くなった果皮も
充分、良い黒や茶を染めれるので、とてもありがたいのです。

今までne・couで染めてきたヨモギや目薬の木、栗イガ、クルミ、スギナは「茶臼の森」の敷地内で採取してきたものです。

カナエの家族が土地を開拓しログハウスも自分達で建て、知恵と遊び心に溢れたとっても気持良い場所です。

今時期は紅葉が美しいです。

画像o0640042611552638262
~那須高原ログコテージ茶臼の森公式ブログ≪ムッレのひとりごと≫~より。(photo 藤明 赳 )

「茶臼の森」ホームページ


梅干し用の、ネット付ザルで保管。



ちなみに白いデッキは、引っ越して来た時から工房にあった SUNOKO(すのこ)をこないだカナエとペイントしたもの。


約1ヶ月前、長野の長谷寺秋分祭、別所の祭後、
工房に帰ってきたら一足先に戻っていたカナエが
デッキになるように、SUNOKOをNOKOで一人でカットしたというので驚いたyo-

いい感じでしょ。


ちょうど今頃この家と出会い

何回も内見にきた、

懐かしい。


12月から住んでるのでもうすぐ一年。

早いのか遅いのかは さっぱりわからないけど

ここに住みはじめてから、確実に生活の幅は増えた。


用事がないかぎり、ほぼ毎日工房にいます。

そろそろここで何かやりたいと思う今日この頃、
少しずつ日々工房作り。

道を歩いていると
捨てられた古材とよく出逢うので、
少学校の机みたいな椅子を作った。
111023_0857~01-1


歩くといえば、
先月の秋分の日に若狭からずっと歩いて来た7Gウォーカーが

今日アースガーデンのピースマイルステージでごーるしましたyo-。
歩みからごーるの様子はここ

去年の長野から高尾までのウォークにコース下見と出発から少し参加した。


歩き続けると、体で「自然」との壁がなくなっていくのを実感します。

今じゃ月1でいくようになった、長野の「ずくなし」のみんなや、別所の直井君とも
ウォークがきっかけで出逢った。

震災前の去年の日記も含めて7Gウォークの日記、是非いろんな人に読んでもらいたいです。


朝の簡単なニッキのつもりが、時間かっかちゃたな~。

ではでは、どろんぱ。

| つくる | 07:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三年番茶と目薬の木と枇杷




染料にするため
三年番茶の出涸らしを天日干し。

最近は日差しが強くなってきたので乾燥も早いね。

もう一つのザルには
先日那須から
送ってもらった目薬の木。

漢方で有名なこの植物も

良い色が出る。


鉄媒染すると

ちょっと紫が入った黒になる。



番茶のザルの後ろの鉢は枇杷。


一昨年、
東向島に居た時近所の枇杷の樹から落ちた実を拾って植えたのが

やっとこすくすく
伸びてきた~。


枇杷も良い色でるし、枇杷の葉は色んな効能もある。

草木の染料は漢方薬で入ってきたものが多数。

枇杷
おっきくなるといいなぁ。


これから目薬の木をもっと細かくして染料を抽出。

間に合えば

今週日曜日の

長野アースデーでの出店



ゴールデンウイーク中の

那須のオリバービレッジでの
店舗借り出店の時に
染めたもの

持っていきます。


ではでは、染料抽出の仕込みしましょ。

| つくる | 13:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三拍子 無病息災


仕事再開しました。

連日、
ブログやらmixiやらツイッターやら更新し続けてましたが、

もうインプットは充分

喜怒哀楽
色々な感情に毎日なり

美しく、
心穏やかに

そして心踊るような

染めをしたいな~なんて感情がふつふつ

水曜日に近所の学校の校庭で
桜が咲いているのを見つけた時

036.jpg



色々な事忘れていたの気づいた…。
038.jpg




この型紙は







地震発生から3日目の日曜日に

お隣さんがおしえてくれた
区の職人展で

大正生まれ(!)の職人さんが彫った型。

2枚とも瓢箪づくし。


20110318012230.jpg

20110318012227.jpg

型を掘る為の刀や
型掘りの事など
話しを聞かせてもらって

とても勉強になった。


瓢箪

三つ揃って

「三拍(瓢)子」

六つ揃って

「無病(瓢)息災」
この型には

一体いくつの

瓢箪が彫られているのだろう~?


昔から縁起物といわれる

瓢箪の型を

入れよう。

大先輩の職人さんの 力を借りて

自分のできるコトを しよう。

| つくる | 01:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。