Ne・cou works日記

Ne(音)とcou(光)を旅するモノツクリの日記。 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

結晶化と好奇心。

20081205135611
20081205135609
20081205135606
20081205135604
結晶。

まるで、水晶のような形。

染色の際、染料を生地に浸透させる為の助剤、無水芒硝(塩化ナトリウム)が結晶化したものである。

染色の際、染料液に芒硝を適切な量入れると染料は、生地にしっかり吸収され、染料液は無色透明になる。

そうするとすすぎの時以外、余計な染料を水に流さなくてすむのである。

ちなみに、硫酸ナトリウムは温泉の成分でもあり入浴剤にも入っている。

この結晶化は、芒硝が多かった為である。

結晶が美しいのでしばらく保存している。

今回は塊がでかいので水道に流さず、処理は燃えるゴミで出す。

染色の過程でたまに結晶化するが、あらためて見たのは初めてだった。

鉱物は割ると結晶の形で割れると聞いた。

六角形の石は結晶も六角形。

石を割るとその石の結晶と同じ形で割れるそうだ。

つまり結晶が結びついて形をつくるから、その形も結晶と同じ形になるということか。

ミクロはマクロということになる。

詳しい事はわからないが。


水晶みたいな姿のこの芒硝の結晶も、水晶のような形なのだろうか。

とても顕微鏡で見たい。

顕微鏡が欲しい、今日この頃。

| 未分類 | 23:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。