Ne・cou works日記

Ne(音)とcou(光)を旅するモノツクリの日記。 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気がついたらそこは。

 5本指や足袋型靴下の在庫の数がないので、来週の展覧会分も含めてただ今多めにを染色中。

染色の際、染める対象(靴下、ハラマキ、手ぬぐい、Tシャツ等)にもよるが、ある程度染めの仕上がりのイメージをたてて染色し始める。

その時の季節感や、己の好みが大きく影響されるが、具体的な色の組み合わせのときもあれば、もっと漠然としたイメージで取り掛かるときもある。

たとえば、太陽というイメージから「赤」「黄色」「橙」という色のイメージが浮かび、そこから「日」「火」「炎」「噴火」「火口」「マグマ」「熱」「エネルギー」などの単語が浮かび、最初の太陽をイメージしていた時よりも、より具体的な色や、絞り、グラデーションなどのイメージが浮かび染めに取り掛かれる。
ハラマキの場合は一枚を2色に染め分ける場合が多いので、さっきイメージした色、雰囲気に真逆のイメージの寒色のグラデーションにしたり、同系のイメ-ジから黄色や朱などを組み合わせて染めたりもする。


が、しかし・・・・・・・・・・・・・・・
靴下のイメージがなかなか定まらない。

一度に染める量も多いから、かたよった色の仕上がりにならないよう、なるべく色々な色の仕上がりになるように考えると選択肢がありすぎて色を選べなくなってしまった~。

いつも、オーダを頂いた相手や置いてもらっているお店によって自ずと色が決まったり、染める対象のおかげで思いもよらない新色が生まれたりもするが、今回は展覧会用と、お店に納品する分と染めるので、やはりイメージが固まらない。

もうこうなったら、組み合わせなどは考えず染めたい色を一色ずつ染めるしかない。
計3回、3色の染め液が出来、助剤をいれ綺麗に染まるよう撹拌し、まじないを唱え、一息つき3つの染め桶をみると「あか」「あお」「き」の3原色の染め液になっていた。

081213_1716~01


染料液をつくり染めているときは無我夢中できづかなかったが、無限に色を生み出せ色相の幅もある3原色のおかげで色遊びができる。


困ったときは基本にたちかえれという染めの神様のお告げだろうか。

いやはや、有難いことです。



まぁ、今度は色の選択肢に迷わないようにしなくては。

観ていてください、染めの神様
そして待っていてね、染めの指付靴下愛好者の皆様

| つくる | 19:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。