Ne・cou works日記

Ne(音)とcou(光)を旅するモノツクリの日記。 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【転載】原子力災害発生時の住民としての対応

地震発生後からこのブログと、mixi日記、twitterに
地震に関した事をかいてきています

自分の気持としては、なるべく沢山の情報をみなで提供仕合、1人1人が判断し行動する目安になればと思い
日記やmixiに書いています。


内容によってはそこだけ読めば、分からないことだけに不安になってしまう事柄もあると思いますが


あくまでも、
やみくもに不安にならないように
落ち着いて準備・判断・行動できる基準にとなると
思い情報を転載しています。


そして、常に情報は変化していくので

なるべく、かたよらず
その時々に対応した事柄や

精神的に支えになるような言葉は
多く載せているので

一部、重複した内容もありますし
この日記やmixiでの内容は

あくまでも情報の一つとして
とらえてください。


自分自身、色々な方の日記に書かれていること
twitterでの情報を、読み、判断し
日記を書いたり転載することで
状況を把握し落ち着いていられるじぶんがいます。

心配の連絡をくれるみんなの
メールや電話で、みんなの安否がわかり、勇気付けられ安心もしました。

こいうときほど、音楽や娯楽趣味、集中出来るもので、かなりこころが安心します。

そういった、気をおちつけ休めることを、twitterでつぶやいている人もいます。

地震対策だけでなくそういう精神面での、情報も載せていうので参考にならばとおもいます。


友人美保ちゃんの日記から、転載しました。

美保ちゃんありがとう。


【以下転載】
みんな大丈夫ですか?
みんなの身を守ることが、きっと多くの人を助けることに繋がると思います。
これ以上被害が拡大しないことを心から願います。
そして、みんなの無事を心から祈ります。

日本には原子力発電所が55基あります。
今も地震は続いています。
こちらを見ておいた方がいいと思います。
原子力災害発生時のときの対応です。
対応できるように準備しておいたほうがいいと思います。

原子力安全・保安院
http://www.nisa.meti.go.jp/genshiryoku/bousai/taio.html


そして、放射能にはいくつか種類があるそうです。
その中のひとつ、ヨウ素は防げる可能性があります。
ヨウ素はのどからまず吸収するそうです。

以下転載します。

=======


●食で放射能をなるべく放出する方法。
過去の広島や長崎の前列から。
砂糖類摂らない。 水分控える。 塩を努めて摂る。 海藻、味噌、玄米。 玄米にすり黒胡麻塩。 放射能は体を冷やす極陰性、自然治癒力が働く温める陽性の食を、そして放射能を排出する働きの食をできるだけ努めて摂る。

●放射線を防ぐ食品をお探しの貴方へ  
~福島の方は今すぐ召し上がってください~

「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
乾燥昆布一切れ1枚1グラム
トロロ昆布大さじ販売1グラム
乾燥ワカメ5グラム
いわし中2匹96グラム
さば1切れ100グラム
かつお1切れ100グラム
焼き海苔10枚3グラム
ぶり1切れ80グラム
塩鮭1切れ60グラム
寒天1角の半分4グラム

●放射線を中和する食品をお探しの貴方へ
放射能は極陰性、焼き梅干、玄米、昆布、で中和されるようだ。広島原爆の時も知識ある人は焼き梅干で中和したと文献で読んだ。砂糖、小麦粉、牛乳を飲まないようにする事で放射能被害の症状悪化は防げる。しょっぱいもの、塩気のものを取ってください。

「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」(秋月辰一郎著「死の同心円-長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

1945年長崎に原爆が投下され多数の方が放射能を浴びて亡くなられました。その中で放射能による被害を免れた、爆心地から1km程度のところにあった聖フランシス病院内科部長であった秋月博士の体験されたことが、下記URLで紹介されていますので、是非ご参照ください。秋月博士や救助にあたった人すべてが強烈な放射能を浴びながらも原爆症になることはなく、助かったそうです。秋月博士は最近までご健在でした。それは、玄米、味噌汁、昆布などの海草類からなる伝統的日本食を摂ることによって、体内の毒物を排出することができたからです。一般に塩辛いものは身体に悪いとされますが、強烈な放射能に晒された非常事態下、秋月博士は味噌汁は塩分を濃くし、できるだけ辛くするように指導しました。そして甘い砂糖の使用は一切厳禁とした食事の結果、救助に当ったすべての人が放射能の被害から免れることができたとのことです。

http://otsukako.livedoor.biz/archives/30327358.html
========

| 日々 | 13:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。