Ne・cou works日記

Ne(音)とcou(光)を旅するモノツクリの日記。 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GOCOO/ne・couふろしき詳細。

9日に始まる、伊勢丹創業125周年 ふふふ、ふろしき祭 × LOVE FOR NIPPON FASHION 
で販売されるふろしきの事を書きます。


「藍の型抜染(ばっせん)風呂敷」

伝統的な「型染め」という技法で手作業で製作。

染色用の特殊な紙に「刀」で模様を彫り抜き、そこに「紗」というスクリーンを
張り、今回のための「型紙」を製作。
型彫りは香苗。
084_640_20111102054549.jpg


何度も藍を染め重ね色が深くなったふろしきを、よく洗い余分な染料を落とし
乾かし
染め上がったふろしき
085_640.jpg
に、

出来上がった型を置き、抜染用の糊をヘラで「糊置きし」
一昼夜置くことで模様部分の色を抜く。
088_640.jpg

よく糊を落として、乾かし

さらに挿し染めで、白く抜けた部分に色を入れ

出来上がり。

096_640.jpg
106_640.jpg

今回、作るにあたり
パッと頭に日本地図が浮かびました。

そして、
日本地図の中の模様は「麻の葉模様」といわれる柄で、
昔から赤ちゃんの産着に、麻はすくすくと真っすぐに伸びることから「成長」を
願う意味や「魔除」の意味で使われていて

また、昔は、和紙、着物、油、神事など、麻は生活に欠かせない植物だったので
で、「人に役に立つ」という意味や、
麻柄が無限につながっていくことから「人と無限に繋がる」意味としてもこの柄
は使われてます。

震災後の日本に
そんな希望のある意味の模様を
想いを込め、染めました。
103_640.jpg



最後に、
このふろしきをつくるきっかけをくださった
GOCOOリーダーkaolyさん

震災以降ずっと復興支援活動を続けている
candle JUNEさん
  
LOVE FOR NIPPON  ELDNACSスッタフ皆さん

この企画担当のhanaeちゃん

そして、
ne・cou かなえ

ありがとう。


伊勢丹創業125周年
“包んで、結んで、開いて。ふふふ、ふろしき祭”
× LOVE FOR NIPPON FASHION 



- 日程 : 2011年11月9日(水)~15日(火) 7日間 
- 会場 : 伊勢丹新宿店本館7階=中央エスカレーター脇特設コーナー
- 主催 : LOVE FOR NIPPON http://www.lfn.jp/
- 伊勢丹新宿店 : 東京都新宿区新宿3-14-1 03-3352-1111
 http://www.isetan.co.jp/



| Ne・cou情報 | 06:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。